「安芸クイーン」とは

両親が巨峰で、自家受粉した巨峰の実生から育成されました。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で誕生し、1993年(平成5年)に品種登録されています。

「安芸クイーン」の特徴

果皮は鮮紅色で果肉は適度にしまり、果汁が豊富。甘みが強く、酸味は控えめで香りがよい赤系ぶどうです。粒のサイズは13~15gと巨峰と同じくらい。房の重さは250~400gくらいになります。食味がよく日持ちもよいのが魅力です。

「安芸クイーン」の収穫時期と旬

安芸クイーンの収穫時期は育成地の広島で8月下旬頃からとなっています。山地により時期はずれますが、概ね8月中旬から10月頃までとなります。

目利き職人が選ぶ「安芸クイーン」の美味しい選び方

鮮やかな紅色なので、房全体が紅色に着色しているものを選びましょう、粒が大きくて果皮に張りがあり、みずみずしさを感じるかどうかも要チェック。軸が青く、果皮に白っぽい粉(ブルーム)が付いているものは新鮮な証拠です。

「安芸クイーン」の主な産地

安芸クイーンの作付面積のトップは岡山県です。作付面積は約13ヘクタールで、全体の約16%を占めています。2位は約11.4ヘクタールの三重県。3位は約9.9ヘクタールの広島県です。

「安芸クイーン」の美味しい食べ方

安芸クイーンは皮が厚めなので皮をむいて、果肉だけを食べます。皮をむくときは、軸側の穴からではなく、軸とは反対側にナイフで十字に切り込みを入れて、そこからむくと比較的むきやすくなります。

皮をむくのが面倒であれば、果肉を押し出して食べてもOKですが、少し皮離れが悪いこともあります。

甘くやさしい香りのブドウ!

  • 安芸クイーン

安芸クイーン

●巨峰×巨峰

安芸クイーンは1973(昭和48)年に農業・食品産業技術総合研究機構の果樹試験場安芸津支場において巨峰を自家受粉させて生まれた実生を選抜育成されたもので、1991(平成3)年に品種登録が出願され、1993(平成5)年に登録されました。
交配から品種登録まで、実に20年も掛かっていることになります。
巨峰同士の交配から生まれた赤いぶどうです。

果肉の感じは巨峰と似ていますが、巨峰より少し皮が薄めで、色が浅いせいか渋みが少なく、皮ごと食べてもそう気にならない感じです。甘味は強く、酸味も程よい感じで、全体としては甘さが強く感じられます。
種がほとんど入っていないのも嬉しいですね!

この商品の目利きポイント

鮮やかな紅色なので、房全体が紅色に着色しているものを選びましょう、粒が大きくて果皮に張りがあり、みずみずしさを感じるかどうかも要チェック。軸が青く、果皮に白っぽい粉(ブルーム)が付いているものは新鮮な証拠です。

生産地 岡山県
販売期間 8月末~10月頃

出店者情報

岡山市場ネット 矢吹 一郎

青果(野菜,フルーツ)の目利きの達人! 矢吹 一郎

品番 規格 価格(税込) 数量
A-011-0375 3~5房 2kg 家庭用 3,800円  個

 

新着・イベント情報

2017/02/03 毎月第一土曜日のお楽しみ!
本年より、毎月18日開催のイチバDAYとは別に、「市場ネット」のみで毎月第一土曜日に「市場ネットDAY」を開催させていただくことになりました。
ご来店頂いた方に喜んでもらえるような企画・価格で、皆様のお越しをお待ち申し上げております

どんな催しをするかは、当日来ていただいてのお楽しみ!

第一弾は2月4日の土曜日に行います。

また、10日には黄ニラDAY・18日には市場イチバデーをふくふく通りあげて、各種イベントも行いながら開催致します!

是非、お越しの際には我が市場ネットにもお立ち寄りくださいね。

岡山中央卸売市場ネットお問い合わせ先

新連携岡山中央卸売市場ネット合同会社
〒702-8052 岡山県岡山市南区市場1-1 >> 市場への地図
TEL:086-902-2103 / FAX:086-902-2118
営業時間:9:00~15:00 / 休み:毎週火・水曜日
>> お問い合わせ

(C)Copyright Okayama chuooroshiuri ichibanet. All rights Reserved.