「カラマンダリン」とは

遅咲きのニューフェイス柑橘
 カリフォルニア大学のフロスト博士が、1915年(大正4年)に尾張系温州にキングマンダリンを交配し育成した品種で、1935年に命名、発表されました。

 わが国へは昭和30年(1955)に田中長三郎によって種子で導入され、その後、農水省、愛媛果樹試験場などに穂木でも導入されました。

 当初、酸が高いのでこれは商品にならない、と放っておかれていたようです。しかし、ほったらかしにしていたカラマンダリンの実に、5月ごろヒヨドリが群がっているのをみて品質調査をしたところ、味が格別に良いので商品化を試みたという経歴があるようです。

 また、「南津海」という品種もあるのですが、これはカラマンダリンと吉浦ポンカンを交配し、育成された品種ということです。
 カラマンダリンに比べて比較的減酸が早いようですが、見た目や品質的にもカラマンダリンとほとんど差異はなく、特に区別せず出荷していることが多いようです。

「カラマンダリン」の特徴

温州みかん好きにオススメ
 温州みかんと同じような大きさをしています。
 果形はやや腰高の扁円形である。果皮は濃橙色であるが、3月頃から退色してきます。

 果面はやや荒く見た目は、ぼこぼこしているのが特徴です(右写真参照)。見た目を気にされる方には、向かない商品かもしれませんが・・・たっぷり果汁に深みのある味は、4月〜5月の代表柑橘として成長していく、有望株の柑橘です。

 果皮は温州みかんよりやや厚くなっていますが、比較的簡単に皮を剥くことができます。

 果実の香りは強く、果肉は橙色で、肉質は柔軟多汁。濃厚な味で食味は良好であるが、減酸が遅く、4月以降が可食期です。種子は10個前後含まれますが、少ないものもあります。

「カラマンダリン」の収穫時期

他の温州ミカンなどと比べ熟すのが遅く、4月の初め頃から収穫が始まり、その後2週間から1か月酸を抜くために貯蔵されて、4月下旬頃から出荷が始まります。

美味しいカラマンダリンが沢山出回る旬の時期は5月一杯です。生産量自体が少なく、産地も限られているため、旬の時期はとても短い果物です。

目利き職人が選ぶ「カラマンダリン」の美味しい選び方

カラマンダリンはみかんと同程度のサイズで、色もみかんに近いオレンジ色をしています。果皮の色の濃さにこだわる必要はありませんが、全体的によく色づいているものが良品です。また、持った時に重量感があり、皮にみずみずしさを感じるものを選びましょう。軽く感じるものは、果汁が少なく食味が落ちていることがあります。

果肉と皮の間に隙間ができてフカフカになったものは避けたほうが無難です。浮き皮だと皮がむきやすいですが、傷みやすく味がやや落ちることがあります。

「カラマンダリン」の主な産地

主に愛媛県で栽培されており、全国の約半分を作っています。また、当初栽培が始まった三重県や、ミカンの産地和歌山県の有田地方でも栽培されています。
愛媛県の中でも、生産量の約9割は松山市が占め、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。

「カラマンダリン」の美味しい食べ方

普通のみかんのように、手で皮をむいて食べることができます。別名「春のみかん」と言われている所以かもしれませんね!

ジューシー・高糖度・高厚味!幻の春のみかん!!

  • カラマンダリン
  • カラマンダリン

カラマンダリン

遅咲きのニューフェイス柑橘
カリフォルニア大学のフロスト博士が、1915年(大正4年)に尾張系温州にキングマンダリンを交配し育成した品種で、1935年に命名、発表されました。

わが国へは昭和30年(1955)に田中長三郎によって種子で導入され、その後、農水省、愛媛果樹試験場などに穂木でも導入されました。

当初、酸が高いのでこれは商品にならない、と放っておかれていたようです。しかし、ほったらかしにしていたカラマンダリンの実に、5月ごろヒヨドリが群がっているのをみて品質調査をしたところ、味が格別に良いので商品化を試みたという経歴があるようです。

また、「南津海」という品種もあるのですが、これはカラマンダリンと吉浦ポンカンを交配し、育成された品種ということです。
カラマンダリンに比べて比較的減酸が早いようですが、見た目や品質的にもカラマンダリンとほとんど差異はなく、特に区別せず出荷していることが多いようです。

【ご家庭用】ちょっとキズがあるけど、味は一緒!
ご身内や仲の良い方への贈り物として大変喜ばれております!

生産地 愛媛県・香川県

出店者情報

岡山市場ネット 矢吹 一郎

青果(野菜,フルーツ)の目利きの達人! 矢吹 一郎

品番 規格 価格(税込) 数量
1-0008 1箱/約5kg 赤秀 4,500円  個
1-0009 ご家庭用 1箱/約5㎏ S~Lサイズ 2,000円  個

 

新着・イベント情報

2017/02/03 毎月第一土曜日のお楽しみ!
本年より、毎月18日開催のイチバDAYとは別に、「市場ネット」のみで毎月第一土曜日に「市場ネットDAY」を開催させていただくことになりました。
ご来店頂いた方に喜んでもらえるような企画・価格で、皆様のお越しをお待ち申し上げております

どんな催しをするかは、当日来ていただいてのお楽しみ!

第一弾は2月4日の土曜日に行います。

また、10日には黄ニラDAY・18日には市場イチバデーをふくふく通りあげて、各種イベントも行いながら開催致します!

是非、お越しの際には我が市場ネットにもお立ち寄りくださいね。

岡山中央卸売市場ネットお問い合わせ先

新連携岡山中央卸売市場ネット合同会社
〒702-8052 岡山県岡山市南区市場1-1 >> 市場への地図
TEL:086-902-2103 / FAX:086-902-2118
営業時間:9:00~15:00 / 休み:毎週火・水曜日
>> お問い合わせ

(C)Copyright Okayama chuooroshiuri ichibanet. All rights Reserved.