たこについて

たこ(蛸、 英名 Octopus)は、軟体動物門 頭足網 八腕形上目 たこ目に分類される動物の総称です。 海洋性の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動しています。多様な種が知られていますが、一般的にタコといえばマダコを指します。ここ岡山では、他に飯蛸、手 長蛸等が水揚げされています。また近年では北海道産水蛸、中国産〜ベトナム産の岩蛸なども見かけるようになりました。

繁殖期は春から初夏で、メスは岩陰に潜み、長径2.5mmほどの楕円形の卵を数万-十数万個も産みます。マダコの卵は房状にかたまり、藤の花のように見え ることから海藤花(かいとうげ)とも呼ばれていますが、今の時期は卵は未だメスの体内にあり、その形状が、丸餅あるいは、お饅頭状なので蛸餅とか蛸饅頭と 市場では呼ばれています。
冬から春にかけて飯だこ、春から手長だこ、真夏から子だこが市場に出回ります。マダコは周年入荷していますが、瀬戸内海の一部海域では資源保護の観点か ら10月に禁漁期間が設定されています。蛸の天敵は唯一「うつぼ」といわれていますが瀬戸内海には生息数が少なく成長した蛸は人以外に敵無しの状況で暮ら しています。たこの食餌は、貝類、蝦蟹などの甲殻類らしく人にとっても旨いものばかりを食べているらしくうまみの食物連鎖の頂点に立っている事になりま す。なるほどこれで蛸の旨さの秘密がわかったような気がします。蛸の体は、旨いものばかりで構成されているみたいです。噛み締めるほどに旨さ爆発。

江戸前(東京湾)、三浦半島、明石、最近では大阪湾と蛸の水揚げ地で有名なところは、数多くありますが、ここ岡山の下津井で水揚げされる蛸も負けてはいま せん。その風味豊かな事と旨みの細やかな事、また適度に締まっていながら柔らかな身質といい他に勝るとも劣らないものがあります。

また、最高の味を持っているにも拘らず、価格が高くないのも魅力的です。いわゆる地物の活きた真蛸が、モロッコ、モーリタニアなどアフリカ西海岸からの輸入品である冷凍アフリカ真蛸に比べて決して高くないのが嬉しくまた不思議な気がします。
疲労回復で有名なタウリンを多く含み、たんぱく質ミネラル分も豊富。アセチルコリンも含んでいます。脂質はほとんど含まずとてもヘルシーな食品です。

■調理法・・・ 下処理の仕方等は魚屋さんもしくは、鮮魚売場担当者に聞きましょう。
1刺身 2天ぷら 3唐揚げ 4サラダ 5煮付け 6蛸飯 7マリネ 8蛸スパゲティ 9カルパッチョ 10酢の物 11蛸ぶつ 12蛸の土手鍋 13しゃぶしゃぶ などなど
■目利き・・・ 生きていても保護色なので判り難いものです。お店の人に聞きましょう。

2012年02月10日 鮮魚の達人 小倉正幸

新着・イベント情報

2017/02/03 毎月第一土曜日のお楽しみ!
本年より、毎月18日開催のイチバDAYとは別に、「市場ネット」のみで毎月第一土曜日に「市場ネットDAY」を開催させていただくことになりました。
ご来店頂いた方に喜んでもらえるような企画・価格で、皆様のお越しをお待ち申し上げております

どんな催しをするかは、当日来ていただいてのお楽しみ!

第一弾は2月4日の土曜日に行います。

また、10日には黄ニラDAY・18日には市場イチバデーをふくふく通りあげて、各種イベントも行いながら開催致します!

是非、お越しの際には我が市場ネットにもお立ち寄りくださいね。

岡山中央卸売市場ネットお問い合わせ先

新連携岡山中央卸売市場ネット合同会社
〒702-8052 岡山県岡山市南区市場1-1 >> 市場への地図
TEL:086-902-2103 / FAX:086-902-2118
営業時間:9:00~15:00 / 休み:毎週火・水曜日
>> お問い合わせ

(C)Copyright Okayama chuooroshiuri ichibanet. All rights Reserved.